【2021年版】サングラスのおすすめブランド10選。人気アイテムをご紹介

紫外線から目を守るのに役立つ「サングラス」。海や川など、直射日光を長時間浴びる場所へ行くときは、必ず持ち歩いておきたいアイテムです。サングラスは目を保護するだけでなく、おしゃれなファッションアイテムとしても活躍します。

そこで今回は、サングラスのおすすめブランドをご紹介。各ブランドの人気モデルや選び方も詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

サングラスの種類

ファッション用

ファッション用のサングラスは、顔の形に合わせて選ぶことが重要です。たとえば、柔らかい印象を与える丸顔タイプは、直線的なスクエア型のサングラスをかけることでキリッとした印象に。また、フェイスラインが逆三角形の方は、丸みを帯びたボストンタイプがおすすめ。シャープなフェイスラインを抑えて、柔和な印象を与えられます。

このようにサングラスひとつで大きく印象は変わります。好きなデザインのモノを選ぶのもよいですが、特に決まっていない場合は、自分の顔型との相性を考慮してアイテムを選ぶようにしましょう。

スポーツ・アウトドア用

スポーツやアウトドアシーンでサングラスをかける際は、競技によって選び方が異なります。屋内と室内を問わずに使いたい場合は、紫外線の量によって濃度が変わる「調光レンズ」がおすすめ。ゴルフや釣りなどのアウトドアスポーツなら、光の反射を抑えて視界をクリアにする「偏光レンズ」が適しています。

なお、自転車競技用のサングラスを探している場合は、慎重に選ぶようにしましょう。特に、ロードバイクの場合は、前傾姿勢で長時間使用することに加えて、路面状況やほかのライダーの動きを把握する必要があります。そのため、目を守るための安全性や、瞬時に情報が得やすい視認性を備えたサングラスがおすすめです。

ファッション用サングラスの選び方

フレームの形で選ぶ

ウェリントン

By: amazon.co.jp

「ウェリントン」は、逆台形のレンズを採用したサングラスのこと。1950~60年代のアメリカで流行したフレームで、現在でも人気の定番デザインとして知られています。顔型の相性としては、丸顔の方よりも、四角や面長の方におすすめ。柔らかい印象を与えられます。

ボストン

By: amazon.co.jp

「ボストン」は丸みを帯びた逆三角形型のサングラス。メガネの両端部分がフレームのフロントトップよりやや下がっているのが特徴です。

名前の由来は、アメリカのボストンで人気が出たことといわれています。顔型の相性としては、ウェリントンと同様、四角や面長の方におすすめ。フェイスラインをよりすっきりと見せられます。

ラウンド

「ラウンド」は、メガネの原型ともいえるシンプルな形をしているのが特徴。目の周縁を囲う仕様で、やや主張が強いため、おしゃれの上級者におすすめのタイプでもあります。また、丸顔の方がかけると幼さが際立ってしまうこともあるので、サイズ感やデザインを考慮して選ぶようにしましょう。

スクエア

By: amazon.co.jp

直線的なデザインの「スクエア」。シャープな印象を与えられるので、幼く見られることが多い丸顔の方におすすめです。また、シンプルでスタイリッシュなデザインが多いため、ビジネスシーンにも適しています。

ティアドロップ

By: amazon.co.jp

「ティアドロップ」は、しずくを横に倒したような形のレンズを採用したサングラス。もともとは、アメリカ空軍のパイロット用として普及したアイテムです。

さまざまな顔型と相性のよいタイプですが、サイズ選びには注意が必要。大きめのアイテムは顔の広範囲をカバーできるため、女性には小顔効果が期待できますが、男性の場合はバランスが悪くなってしまう場合もあります。購入前にサイズ感を確認しておきましょう。

フレームの色で選ぶ

By: amazon.co.jp

フレームの色も、サングラスを選ぶ際の重要なポイント。黒・シルバー・ゴールドのフレームは汎用性が高く、さまざまなファッションに合わせやすいのが魅力です。

派手なビビットカラーのフレームは活動的な雰囲気を演出でき、淡いパステルカラーのフレームは、優しく落ち着いた印象を与えられます。

なお、最近ではプリントによる色付けや焼き付けによる塗装の変質を利用した、個性的なデザインのアイテムも存在。また、石のような質感に仕上げる「ストーンメッキ加工」のアイテムなどもラインナップされているので、気になる方はチェックしてみてください。

レンズカラーで選ぶ

汎用性の高いサングラスが欲しい場合は、グレー系など、ダークトーンのレンズがおすすめです。遮光性が高いほか、さまざまなコーディネートにマッチするので幅広く使えます。

また、初めてサングラスを使う方には目に優しいブラウン系のレンズもおすすめ。遮光性はグレー系のレンズに劣りますが、コントラストをハッキリさせる効果があるので、ゴルフなどの野外スポーツ時にもぴったりです。

また、イエロー系のレンズは視界が明るくなりやすいため、曇っていて周りが見づらいときにおすすめです。

コーディネートに合わせる

サングラスをコーディネートに取り入れる際はTPOを考慮することが大切。フォーマルスタイルに合わせるのか、カジュアルスタイルに合わせるのかによっても印象が変わるので、意識しておきましょう。

たとえば、スーツにサングラスを合わせたい際は、カチッとした印象に仕上がるスクエアタイプのサングラスがおすすめ。ティアドロップは、トップスにボリュームがある際にも違和感が少なく、ウェリントンはモノクロコーデなどのシンプルなファッションに合わせやすいタイプです。

また、フレームが太めのサングラスはミリタリーテイストと相性がよく、細身のフレームを採用したモノは知的な雰囲気を演出できます。

スポーツ・アウトドア用サングラスの選び方

レンズの偏光度をチェック

レンズの偏光度とは、反射光をカットできる強さを表す数値のこと。数値が高ければ高いほど、反射による眩しさを抑えられます。特にウィンタースポーツやマリンスポーツをする方は、偏光度の高いサングラスがおすすめです。

可視光線透過率をチェック

可視光線透過率とは、レンズが自然光を通す割合のこと。0~100%で表示され、数字が小さいほど光をカットできます。日中にアウトドアスポーツをするなら10%、通常の利用なら20~30%など、シーンによって使い分けることが大切です。透過率が低すぎるとかえってモノが見えづらくなるので、注意しましょう。

激しく動いてもズレにくいモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

スポーツやアウトドア用のサングラスを選ぶ際は、ズレにくさや快適性も大切なポイント。特に、鼻パッドやテンプルエンドに、滑りにくいラバー素材を採用したモノがおすすめです。

また、顔の輪郭に合わせやすい仕様かどうかも要チェック。鼻パッドの位置の調節ができるモノや、テンプルの端が耳に引っ掛かりやすいラウンドのモノなら、自分の顔に合わせて快適に着用できます。

サングラスのおすすめブランド|ファッション

レイバン(Ray-Ban)

サングラスの定番ブランドとして広く知られている「レイバン」は、1937年にコンタクトレンズで有名なボシュロム社から発表されました。確かな性能とファッション性を兼ね備えたレイバンのサングラスは、年齢や性別を問わず多くの人から選ばれています。レンズ、フレームともにバリエーションが多彩なのも魅力です。

レイバン(Ray-Ban) CLUBMASTER CLASSIC JPフィット

1950年代に流行したデザインをベースに、レイバンらしいテイストを加えて誕生した人気モデル「クラブマスター」。オーセンティックかつタイムレスなデザインは、年代を問わず愛され続けています。

素材はアセテートとメタルのコンビネーション。クラシックな雰囲気が大人の男性のファッションを格上げします。

なかでも本モデルは、フレームを緩やかにカーブさせ、ノーズパッドを高めに設計したアジアンフィットモデルなので日本人の顔にもフィットしやすく快適。長く付き合える定番サングラスを探している方におすすめです。

レイバン(Ray-Ban) WAYFARER WASHED LENSES JPフィット

レイバンを代表するアイコンモデル「ウェイファーラー」。定番のウェリントンタイプで幅広い着こなしに合わせられます。

本モデルは着こなしにほどよい抜け感をプラスできるライトカラーレンズを採用。自然な色調の視界を確保でき、見た目にもマイルドな印象でサングラスの着用に慣れていない方にもおすすめです。

1年を通して違和感なく着用でき、紫外線もしっかりカット。アジアンフィットなので着用感も良好です。

レイバン(Ray-Ban) AVIATOR MIRROR SILVER

アメリカ空軍のパイロット用サングラスとして正式採用されたモデル「アビエーター」にミラーレンズをセットしたモデル。渋くてワイルドな印象のティアドロップ型レンズが特徴。目元の表情が見えず、クールな雰囲気を演出できるのも魅力です。

ミラーコーティングが施されたレンズは透過する光の量を減少させる効果が期待でき、強い日差しが降り注ぐ日も目をしっかり保護。男らしいスタイルを目指すなら、まずチェックしておきたいおすすめのサングラスです。

オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)

「オリバーピープルズ」は1986年にスタートしたアメリカのアイウェアブランド。1920年〜1940年代のクラシックなスタイルをベースに、モダンさとオリジナリティをプラスしたおしゃれなモデルがラインナップしており、著名人にも多くの愛用者がいます。

オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES) Sheldrake SUN

オリバーピープルズのロングセラーモデル「シェルドレイク」。ウェリントンとボストンタイプの中間、一般的に「ボスリントン」と呼ばれるシェイプが特徴です。主張が強すぎず、どんなスタイルにも馴染みやすいのでデイリーに活躍します。

フロントの鍵穴シェイプもポイント。丸みを帯びたフレームデザインが柔らかな雰囲気を演出します。おしゃれに見えて、かつコーディネートしやすいファッションサングラスを探している方におすすめです。

オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES) MP-2

ブランド創業当時に誕生した名作の復刻モデル「MP-2」。小ぶりなボストンタイプのシェイプが上品かつ知的な雰囲気を醸し出します。

フレームはプラスチックとメタルのコンビネーションで、カジュアルさと大人っぽさのバランスが絶妙。気軽なカジュアルスタイル、きれいめにまとめた大人コーデのどちらにもよく合います。

また、随所に施された繊細な装飾もおしゃれ心をくすぐるポイント。レンズを囲むリム部分には太陽、つる部分には波の模様が刻み込まれています。

ポリス(POLICE)

「ポリス」は1983年に創業したイタリアのブランドで、サングラス・腕時計・レザー小物などを展開しています。サッカーのベッカム選手やネイマール選手など、著名人をイメージキャラクターとして起用したプロモーションによりクールなイメージが定着。幅広い年代の男性から人気を集めています。

ポリス(POLICE) サングラス ベッカムモデル S8167J

かつて圧倒的な人気を博したデビット・ベッカムモデルの復刻版。シャープなスクエアシェイプと、無駄な装飾を省いたスッキリとしたデザインがスタイリッシュな印象を与えます。

日本人の顔に合わせて細部のサイズが調節されたジャパンモデルなので、フィット感にこだわってサングラスを選びたい方にもおすすめです。また、軽量なチタンフレームを採用しており、長時間の着用でも疲れにくく快適。豊富なレンズカラーが用意されているため、シーンや好みに合ったモノを選べます。

ポリス(POLICE) サングラス ネイマールモデル S1859G

クールかつ華やかなデザインが目を引くメンズサングラスです。テンプルにあしらわれたブランドロゴと、大胆な切り替えデザインがポイント。コーディネートがやや物足りない印象のときにプラスするのにおすすめです。

個性のあるデザインながら、定番のウェリントンタイプで使い勝手がよいのも魅力。アジアンフィットモデルなので着用感も良好です。

グッチ(GUCCI)

「グッチ」は世界中に多くのファンを抱えるイタリアの人気ラグジュアリーブランドです。ウェア・バッグ・レザー小物など、独創的なデザインのファッションアイテムを数多く展開しており、サングラスも人気アイテムのひとつ。周りに差をつけるファッション性の高いサングラスを探すなら要チェックです。

グッチ(GUCCI) サングラス アジアンフィット GG0124SA

レトロな雰囲気と高級感を兼ね備えた、ボストンタイプのメンズサングラスです。ブリッジが2本ある「ツーブリッジ」と呼ばれるデザインが特徴で、ひとクセあるおしゃれなモデルを探している方におすすめ。サイドにはさりげなくブランドロゴがあしらわれています。

落ち着いたカラーリングながらも存在感があり、着こなしのワンポイントに最適。独特なフォルムが柔らかな雰囲気を醸し出し、コーデのハズしアイテムとしても活躍します。定番デザインのサングラスを既に持っている方にもおすすめのおしゃれサングラスです。

グッチ(GUCCI) サングラス GG0001S

モード感のあるデザインがおしゃれなメンズサングラスです。人気の高いウェリントンシェイプに、グッチを象徴する「ウェブストライプ」を取り入れてアイコニックなルックスに。ブラックのリムと、華やかな緑・赤・緑のテンプルが織りなすコントラストが目を引きます。

フレームの素材には、「オプチル」と呼ばれるプラスチックを採用。見た目に透明感と光沢があり軽量性に優れているのが特徴です。また、経年変化が起こりにくくキレイな状態で長く使えるメリットもあります。

ジョルジオアルマーニ(GIORGIO ARMANI)

「ジョルジオアルマーニ」はイタリア発の人気ラグジュアリーブランド。優れたカッティング技術から生まれるスタイリッシュなスーツは世界中の紳士を魅了しています。サングラスも、かっちりとしたビジネススタイルにマッチする洗練されたデザインのモノが豊富です。

ジョルジオアルマーニ(GIORGIO ARMANI) サングラス ブラック 8087

幅広いスタイルに合わせられるベーシックなウェリントンタイプのサングラス。オールブラックのシックなカラーリングで、コーデがグッと引き締まります。

また、サイドにあしらわれたブランドロゴが高級感を演出。テンプル部分の切り替えデザインは控えめながら、おしゃれなアクセントを添えます。クセのないデザインなので、大切な方へのプレゼントにもおすすめです。

ジョルジオアルマーニ(GIORGIO ARMANI) サングラス ラウンド 8077

レトロな空気漂うツーブリッジデザインのおしゃれなサングラス。丸みを帯びたレンズシェイプが柔らかな雰囲気を醸し出します。また、フレームにはマットな質感の素材が採用されており、シックなカラーも相まって落ち着いた印象です。

サイドにはさりげなくブランドロゴをオン。ブランドの主張が強すぎず、嫌味なく着用できます。遊び心のあるデザインながらジョルジオアルマーニらしい上品さ、洗練された雰囲気を備えており、大人の男性にふさわしい1品です。

サングラスのおすすめブランド|スポーツ・アウトドア

オークリー(OAKLEY)

「オークリー」は1975年に創業者のジム・ジャナード氏によって設立され、現在ではスポーツアイウェアのリーディングブランドといわれるまでに成長。フレーム、レンズともに種類が豊富で、各スポーツに特化したモデルも数多く展開しています。機能性の高さはもちろん、スタイリッシュなデザインも魅力です。

オークリー(OAKLEY) Prizm Road RadarLock Path Asia Fit

トップクラスのアスリートから寄せられる、レベルの高いリクエストに応えるために開発されたサングラス。フレーム、レンズともにオークリーならではのテクノロジーが詰め込まれています。

本モデルに搭載されている「Prizm Road」レンズは、色調やコントラストを強調してくっきりとした視界を実現しているのが特徴。ロードバイク用のサングラスを探している方には特におすすめです。

また、「オーマター」素材を用いたフレームは耐久性が高く軽量で、長時間の着用もストレスフリー。見た目もスタイリッシュなおすすめモデルです。

オークリー(OAKLEY) HALF JACKET 2.0

トップクラスのアスリートから、スポーツを始めたばかりのエントリーユーザーまで幅広い層に人気のスポーツパフォーマンスモデルです。絶妙なカーブを描くレンズにより幅広い視界を確保。フレームはスポーツ中もズレにくいホールド感の強い作りになっています。

アジアンフィットモデルのなかでも特にコンパクトな作りで、一般的なサングラスがしっくりこない小顔の方にもおすすめ。コストパフォーマンスにも優れたスポーツサングラスです。

フェリー(FERRY)

圧倒的なコストパフォーマンスを誇るスポーツサングラスを展開して人気を集めている「フェリー」。いきなり高価なスポーツサングラスにトライするのは抵抗がある方や、気軽に使えるアイテムを探している方には特におすすめのブランドです。

フェリー(FERRY) 偏光レンズ ウェリントン サングラス ポーチ&クロス セット

偏光レンズを採用しながら、手に取りやすい価格を実現したコストパフォーマンスの高いサングラスです。乱反射光を効果的にカットできるのが特徴で、快適な視界をキープ。ゴルフ・釣り・ドライブなどで重宝します。

ベーシックなウェリントンタイプのシェイプを採用しているため、普段使いしやすいのも魅力。オールブラックのシンプルなカラーリングなので幅広いスタイルに合わせられます。

フェリー(FERRY) 偏光レンズ スポーツサングラス フルセット

スポーツサングラスを気軽に試してみたい方にぴったりのリーズナブルなアイテム。スモーク偏光レンズを含む5種類のレンズがセットになっており、さまざまなシーンに対応可能です。

額からの汗が目に入るのを防ぐ汗止めソフトラバーや、簡単に調節できるソフトラバーノーズパットなど、快適性を向上させる工夫も満載。テンプル部分をスポーツ用ストラップに取り替えればホールド感が増し、激しいスポーツ時も快適に使えます。

さらに首かけストラップや専用ハードケースも付いた充実の内容。フレームカラーは7色から選べます。

スワンズ(SWANS)

「スワンズ」は100年以上の歴史を持つレンズメーカー「山本光学」が手掛けるスポーツアイウェアブランドです。高性能なレンズと、レンズ性能を活かすフレームをゼロから設計、開発できる技術を有する世界的にも稀有な存在。日本生まれのブランドゆえに、日本人にジャストフィットする製品が多く揃っているのも特徴です。

スワンズ(SWANS) Airless-Leaf fit 偏光レンズモデル

スポーツシーンでガシガシ使えるタフさと、長時間かけても疲れにくい軽量性を兼備した人気モデルです。レンズの素材にはガラスの10倍以上の耐衝撃性を持つといわれるプラスチック素材「ポリカーボネート」を採用。さらに独自のハードコートが施されており、表面にキズが付きにくいのも嬉しいポイントです。

そして、重さはわずか16g。空のペットボトルよりも軽く、着用していることを忘れてしまうほどのストレスフリーな軽量性を実現しています。調節可能なノーズパッドを搭載しており、フィット感も良好です。

スワンズ(SWANS) DF-Pathway 偏光レンズモデル

「最高の休日」をテーマに開発された人気モデルです。普段のファッションに取り入れやすいデザインと、スポーツシーンでも使える機能性を兼ね備えているのが特徴。日常の紫外線対策や、休日のちょっとしたアウトドアをメインの用途に考えている方におすすめです。

耐衝撃性に優れたレンズを採用することで安全性にも配慮。ふとしたときに割れてしまう心配が少なく、アクティブなシーンでも安心して使用可能です。ナイロン製フレームは20gと軽量で柔軟性にも優れており、快適な着用感を実現しています。

ボレー(bolle)

「ボレー」は1888年に設立されたフランスの老舗アイウェアブランド。長い歴史のなかで培われてきた独自のテクノロジーを惜しみなく詰め込んだ高機能なスポーツサングラスは、トップアスリートからも厚い信頼を得ています。機能性だけでなく、ファッション性に優れているのも人気の理由のひとつです。

ボレー(bolle) CHRONOSHIELD PHANTOM

ひとつながりになった大きなレンズが目を引くスポーティなサングラスです。1980年代のデザインをベースにしつつ、最新テクノロジーを駆使してリデザイン。3段階アジャストノーズパッドを備えるなど、高い快適性を実現しています。

また、ボレーのテクノロジーが詰め込まれた「PHANTOM」レンズが用いられているのもポイント。優れた透明性・軽量性・耐衝撃性を備えた「NXT」素材をベースに、独自技術をプラスすることでよりクリアでくっきりとした視界を確保しています。

ボレー(bolle) FALCO MATTE BLACK PHANTOM+

クリアな視界・調光機能・ハイコントラストフィルターに加えて、偏光機能も備えた「PHANTOM+」レンズを採用した高機能サングラス。水面の乱反射も効果的にカットするため、マリンスポーツを楽しむ際には特におすすめです。

また、「P-80+アンチフォグテクノロジー」により半永久的な曇り防止効果を実現。キズも付きにくく、ガシガシ使えます。ノーズパッドやテンプルは汗をかいてもズレにくく快適。スポーティすぎないデザインで、普段のカジュアルスタイルにも違和感なく合わせられます。

スミス(SMITH)

「スミス」は1960年代にスタートし、現在では世界でも有数のゴーグルメーカーへと成長。ゴーグル製造の技術力を活かして作られる高機能なスポーツサングラスも人気を博しています。アメリカのブランドながら多くの日本人アスリートのサポートを行っており、日本人に最適化した製品が豊富に揃っているのも特徴です。

スミス(SMITH) Attack MTB

自転車競技を思い切り楽しみたい方におすすめの高機能スポーツサングラスです。地面の細やかな表情や色まで鮮明に認識できる「クロマポップ」レンズを採用。臨場感があり、広い視界がアグレッシブなパフォーマンスに貢献します。

レンズは晴天~曇り用とローライトコンディション用の2種類が付属。「クイックリリース・レンズチェンジ・システム」を搭載しており、素早く簡単にレンズ交換が可能です。また、レンズ上部にはベンチレーション用のスペースが設けられており、不快な曇りも軽減します。

スミス(SMITH) PivLock Reverb

スタイリッシュな印象を与えるシャープなデザインが魅力のおすすめサングラスです。スミスのパフォーマンスモデルのなかで最も軽く、重さはわずか27g。長時間着用する際のストレスを軽減し、アクティブなシーンでの快適性も向上させています。

また、さまざまなスポーツに対応できる汎用性の高さも魅力。スポーツやアウトドアが趣味の方は、1つ持っておくと活躍する便利なモデルです。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *