レザートートバッグのおすすめ人気ブランド特集。やっぱり革が一番だ

メンズのトートバッグはやはりレザーが1番。定番のキャンバス生地もいいですが、男ならレザーのほうが心惹かれますよね。しかし、レザーのトートバッグはなかなか見つけにくいもの。そこで、今回はレザートートバッグのおすすめブランドを紹介します。

レザーのトートバッグはどんなファッションにも合わせやすくビジネス、プライベートさまざまなシーンで活躍してくれるのが魅力。1つ持っているだけでかなり便利なアイテムです。

トートバッグとは

トートバッグは、もともとキャンプでの水汲みや、水の運搬用につくられた大きな角形の手提げ袋のこと。トートバッグの「トート」には「背負う」や「運ぶ」という意味があります。

厚手で丈夫なキャンバス生地と、持ち手のベルトがバッグの身頃に続くように縫い付けられたデザインが特徴。現在はキャンバス生地だけでなく、レザーやナイロンなどいろいろな素材で製作されています。

洋服や本など、さまざまなものを入れるのに適したバッグです。

レザートートバッグのおすすめ人気ブランド
コーチ

コーチ(COACH) トートバッグ

商品価格 ¥25,980

ニューヨークコレクション常連のコーチは、もともとレザーアイテムを製作するブランドとしてスタート。レザートートバッグも長年展開されていて、上質なレザーを使用した堅牢な作りが特徴。

どういうレザートートバッグがおすすめ?

レザートートバッグは、ワントーンでシックなデザインのものがおすすめ。レザー素材の場合、カジュアルなトートバッグに上品な雰囲気がプラスされるので、その雰囲気を損なわないようにするのがベストです。

ファスナーなどがフロントについていて、ビビッドカラーを使っているレザートートバッグはメンズにおいてはあまりおすすめできません。

ビジネスとしては使える?

レザートートバッグはビジネスシーンでも十分使えます。ただし、前述したようにシンプルなデザインでシックなカラーを使ったものが絶対条件。スーツに合わせるので、ファスナーなどの装飾が多くついていて明るいカラーのものではマッチしません。

ビジネスシーンにレザートートバッグを使う場合は、ブラックやネイビーなどのカラーがいいでしょう。

レザートートバッグを選ぶときの注意点

レザートートバッグを選ぶ時の注意点は、容量が小さいものを選ばないこと。トートバッグといえど容量の大きさはさまざま。しかし、小さ過ぎるものを選んでしまうと入れるものも使えるシーンも限られてしまいます。

目安としては、ノートPCが入るぐらいの大きさ。これぐらいのサイズ感があればビジネス、プライベートどちらのシーンにも対応してくれて、必要な荷物もスッキリ収納できます。また、容量だけでなく、厚みもあればベストです。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *