海外でも人気!オニツカタイガーのメンズスニーカーまとめ

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)は、紆余曲折を経て復活を果たしたスニーカーブランドですが、注目を浴びたのは2000年頃。当時、経営的にも苦しかった時期ですが、普通のスニーカーブランドとは違う売り方を打ち出したことで、一気にファッションアイテムとして使うスニーカーブランドと認知され、復活を果たしました。今回はそんなオニツカタイガー(Onitsuka Tiger)のスニーカーについてまとめてみました。

何故、海外で人気があるのか?

経営的に苦しかった1999年に今までとは違う方法で販売経路を確保したことが大きかったのですね。会社は日本の多くの方がご存知の「アシックス(acics)」。意外と思われるかもしれませんが、オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)はアシックスの前身の会社。つまりアシックスが展開するスニーカーブランドとなっているわけですね。そして販売経路が、欧州の高級なセレクトショップに絞った事で、ファッションフリークからファンを獲得して人気につながったわけです。映画の「キル・ビル」にも使われたことでより拍車をかけたとも言えます。

MEXICO 66とは?

今でも使われているアシックスラインが初めて採用されたランニングシューズのモデルです。欧米でのリスタート時でも、復刻という形でリリースされ、オニツカタイガーの定番モデル、そして安定した人気を得るキッカケにもなったモデルです。レトロで細身なローカットだけではなく、ファッションアイテムとしてハイカットバージョンも復刻。ハイカットバージョンも人気がとてもあります。

海外8割、日本2割

この割合が意味するのは売上高です。現在でも海外の売上が8割を占めるほど、海外の方に愛されているブランドに成長。アシックスとは完全に別のブランドとして認知されています。同じ会社で経営をしていてブランド名として分けていますが、アシックスがスポーツライン、オニツカタイガーがファッションラインと明確な区別がついているブランドはなかなかないのではないでしょうか?

日本のニューバランス?

ニューバランスもレトロチックなデザインで人気がありますが、オニツカタイガーはまた別の種類。過去にランニングシューズとしてリリースしていた基本的な機能は失っておらず、カラフルなカラーリングが時代と合致したいえるでしょう。ジャパンメイドにこだわる製品作りも、多くの海外の方に人気がある理由の1つですね。

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)代表モデル

MEXICO 66

MEXICO 66はオニツカタイガー(Onitsuka Tiger)復活となったモデルであり、定番として残るモデルです。有名なブランドは必ず定番と言えるモデルがありますが、MEXICO 66が定番モデルにあたります。

CORSAIR

ランニングシューズとして、製品のクオリティが海外のスニーカーメーカーの目に止まり絶賛されたモデルです。ちなみにその海外のスニーカーメーカーとはナイキ(NIKE)の前身会社。色々と揉め事があった事などはあまり多くの方が知らない事かと思います。こちらのモデルもレトロテイストで人気ですね。

MEXICO MID RUNNER

レトロなスニーカーとは違う、もっとファッション用として使いたいニーズに復刻としてリリースしたのがMEXICO MID RUNNERですね。レトロテイストはそのままに、足首のアクセントをつけるならハイカットが欲しいというニーズは当然だったように思えます。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *